沿革

  • 1958年 昭和33年 2月 大阪市に大和冷機工業所を創業
  • 1962年 昭和37年 11月 株式組織に改組、代表取締役に尾﨑 茂就任
  • 1964年 昭和39年 11月 業務用冷蔵庫の規格品製造販売を開始
  • 1967年 昭和42年 3月 業績の伸展により、本社ビル新築(大阪市生野区)
  • 1969年 昭和44年 1月 コールドテーブルの製造販売を開始
  • 1970年 昭和45年 8月 大分県佐伯市に佐伯工場(上岡工場へ名称変更)を新設
  • 1971年 昭和46年 1月 オール冷凍庫の製造販売を開始
  • 1973年 昭和48年 3月 全自動製氷機の製造販売を開始
  • 1975年 昭和50年 8月 業績の伸展により本社を大阪国際ビルに移転
  • 1977年 昭和52年 11月 大型ガラス扉ショーケースの製造販売を開始
  • 1978年 昭和53年 9月 東京支社を霞が関ビルへ移転し、東京本社と改称
  • 1983年 昭和58年 1月 省エネ効果のあるNHガラス扉付ショーケースの製造販売を開始
  • 1985年 昭和60年 10月 大証新第二部に上場
  • 1987年 昭和62年
    4月 九州佐伯工場竣工、
    佐伯工場は上岡工場へ
    名称変更
  • 1989年 平成元年 6月 九州佐伯工場本格操業を開始
  • 1990年 平成2年 6月 大証第二部に昇格
  • 1991年 平成3年 8月 東証第二部へ上場
  • 1992年 平成4年
    6月 埼玉県北埼玉郡大利根町に関東大利根工場を新設
  • 1997年 平成9年
    1月 新キャラクターマーク「オルカ」決定
    6月 東証・大証第一部へ指定替え
  • 2001年 平成13年
    12月 大阪本社を大和冷機上本町DRKビルに移転
  • 2002年 平成14年
    3月 尾﨑 茂が代表取締役会長に就任となり、尾﨑 敦史が
    代表取締役社長に就任
    4月 福岡県太宰府市に福岡工場を新設
  • 2006年 平成18年 5月 コールドテーブル省エネシリーズ発売開始
  • 2007年 平成19年 5月 トリプルインバータ制御冷蔵庫「エコ蔵くん」シリーズの製造販売を開始
    5月 業界初となるノンフロン断熱(シクロペンタン)を縦型冷蔵庫に採用
  • 2009年 平成21年 1月 上岡工場を閉鎖し、九州佐伯工場へ統合
    12月 食器洗浄機「エコ洗くん」の製造販売を開始
  • 2010年 平成22年
    3月 東京本社を大和冷機秋葉原DRKビルに移転
    5月 業界初となるトリプルインバータ制御コールドテーブル
    「エコ蔵くん」の製造販売を開始
    5月 東京本社1Fにショールームを開設
  • 2011年 平成23年
    6月 業界初のトリプルインバータ制御対面ショーケース「エコ蔵くん」の製造販売を開始
    10月 東京本社1Fのショールームをリニューアル
  • 2012年 平成24年 4月 縦型冷凍・冷蔵庫、コールドテーブルのデザインをリニューアル
  • 2013年 平成25年 4月 業界初のインバータ制御スライド扉冷蔵庫「エコ蔵くん」の製造販売を開始
    8月 ブラストチラー/ショックフリーザーの製造販売を開始
    9月 佐伯工場に太陽光発電システムを導入、稼動を開始
  • 2014年 平成26年 4月  業界初となる真空断熱材を採用したインバータ制御冷蔵庫「エコ蔵くん」ECVシリーズの製造販売を開始
    10月  スライド扉冷蔵庫シリーズ 2014年度グッドデザイン賞受賞
  • 2015年 平成27年 10月 業界初となるインバータ制御フラワー冷蔵ショーケースの製造販売を開始
  • 2017年 平成29年 4月 業界初となるインバータ制御自動スライド扉冷蔵庫「オートくん」の製造販売を開始